blog, 書道教室

書く楽しみ

先日の体験書道教室では
年長さんの女の子がお母様と一緒に来てくださりました。

とってもかわいくて、お行儀もよくて、
年長さんなのにもう色々な漢字を知っていてびっくりしました^^

子どもは、大人よりも基礎の進みが早くていい

という先入観があり

また、しっかりとしている子だけに
「書けそう、出来そう」
なんて勝手なイメージをもってしまったからか
ペースよく進めて、
色々とこうしたほうがいいなんて言ってしまいました。。

初回、体験なのに・・・

筆を持つことすら初めてなのに・・・

帰路、「楽しかったな~」なんて自分の中で噛みしめていたのですが

んん??

女の子の立場にたって考えたら

「楽しく」

することが先決なのだろう
技術はその後
一人反省してみたり・・

1回で、色々と伝えようと力んでしまいました。

大人の方と、子供の方と、また人それぞれ
教え方、進め方は違うのだなと感じました。

体験書道の第一目標は、
「書道は楽しい」
と感じてもらうこと。

かといって、「来たかい=得るもの」があったと感じてもらいたいので
ある程度の「発見」なるものは必要だと思う。
その塩梅なのかな

今日は、父の陶芸の展示案内用の看板を書いたり
来年のカレンダーの制作をしたりしました

桐の板に書く場合は
ちょっと濃いめの墨がよさそうです

南房総の道の駅で販売されるそう

 

 


2015-02-11 | Posted in blog, 書道教室No Comments » 
Comment





Comment