blog

「端渓」という硯

1x1.trans 「端渓」という硯

今日はじめじめ、梅雨の足跡が聞こえてきそうです。

書道の道具、文房四宝(ぶんぼうしほう)筆、墨、硯、紙
のうち一番重要とされているのが硯です

消耗せず、骨董品としても価値があるから。

作品においても墨色はとても重要、硯がいいと発色もよいです。

硯の中でも「端渓」(たんけい)というものが一番とされていて高価なものは何十万円ともするそう。

今月の課題。のひとつ
上の作品は、旦那さまが上海にいた時に買ってきてもらった端渓を使って書きました

大したランクではないだろうけど、確かにいいかも。
墨がなめらかな気がしました^ ^


2014-05-13 | Posted in blogNo Comments » 
Comment





Comment